Z's Days

毎週末更新中!日々起こった出来事を日記として付けています。ガンプラ記事多めです(笑)

模型

こんにちは。Ziosです。

本日は「スパイダーマン:ホームカミング」の公開日ですね。

私も見に行きます。というより行きました!

四月末に前売りを買っておいた甲斐がありました…

 

さて、本日は「模型」。

発端はこんなツイートです。

まさか1,000リツイートもされるなんて思っても見ませんでしたが、それだけ私の考えに共感していただいた、と受け取っておきます。

 

まずこの話を進める前に、ここで「素組み」の定義を確認しておきます。

ある方のツイートで見かけたものをそのまま使用させていただきます。

素組み…キット素体をそのまま組んだ後、改造をせずに完成させる。

どうやら塗装をしても素組みに含まれるようです。知らなかった…

ちなみに、塗装をしない状態は「パチ組み」というらしいです。なんかややこしい、というのが率直な感想ですがσ(^_^;)

 

では、話を進めて行きます。

先のツイートのきっかけは、TLに流れて来た「素組み程度で満足してるなら模型やめろ」だとかいうことを言っている状況をスクリーンショットしたツイート。

正直言って、その人の主張の意味がわからないです。

そもそもなぜ「自分が楽しむための趣味」で「人の顔色を伺う」必要があるのでしょうか。

製作代行など、依頼者の注文を取り入れながら製作するのであればまだしも、(作ったものをそのまま売るという形態もあると思いますが)

その場合を除いて特に何の関係もない人にそんな心ないことを言われる筋合いはないと思います。

自分の先のツイートの表現をそのまま借りるならば、キットを説明書の通り完成させるのが基本。いわば「白米」です。

自分に多少の技量があって、より自分好みに仕上げることができるならば、そこからさらに塗装や改造、私の場合はウェザリングですが、そういった「味付け」をしていく。

自分の料理を美味しく食べる方法は、自分しかわかりません。他人にわかるはずがないのです。

 

まぁ、まさか1,000も来るとは思ってなかったので、ここのブログでこんな話をするつもりはなかったのですが、反響が大きいということはそれだけそういったことに対して思うことがある人がいるということなのでしょう。

ということで柄にもなく長々と書いてしまいました。

 

ということで今回はここまで。

今回の記事は私の技量の無さの言い訳ですねσ(^_^;)

ウェザリングをするようになって、「パチ組み」でレビューをすることは少なくなりましたが、それでも先の定義では「素組み」です。

つまり、「誰でもできる」んです。

はんだごてとかいうちょっと敷居の高い道具は使っていますがσ(^_^;)

塗装といっても瓶生ですし、汚しの塗料も「ウェザリングマスター」をそのまんま使ってるだけです。特別なことはなんにもしてないです。

プラ板工作なんてできないしσ(^_^;)

このブログのレビューを見て、「あ、こんな感じでアレンジできるんだ」と思っていただけたらと思います。

 

それでは。Ziosでした。

ガンプラレビュー 〜HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊仕様)〜

こんにちは。Ziosです。

夏休みも真っ只中ですが、あいにく講習漬けの日々です…

もう夏休み20日目な感覚でしたが、実は1週間程だったことに気づいた時は戦慄しました。怖ぇ…

 

さて、いつぶりだったか。久しぶりのレビューです。

最近はよくわからない記事ばかり書いていましたので、あまり勝手がつかめませんσ(^_^;)

とりあえず写真を。

f:id:Zios:20170802092635j:image

今回はHG「ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊仕様)」です。

先日ちらっとお見せしましたが、友達との製作会で作ったものです。汚しはいつもの通りですが、今回はキットの機体が登場する作品を見たことがないため、説明書を元にこんなことを考えて汚しました。

・初の戦闘をした

 →パイロットは卓越した技術を有していないはず(初めてだもの)

→何かと転んだり衝突したりするはず

→細かな傷をメインに、小さな弾痕、切り傷をつけました。

なお、この時期(1年戦争最初期)にはビーム兵器がMSに搭載されていないはずなので、ビーム兵器による弾痕はつけていません。

(ジオン側が初めてビーム兵器を搭載したのはギャン、ゲルググあたりのはずです)

と、設定を垂れ流してしまいましたが、そろそろレビューを。

 

全体的な可動域の不満はありません。そりゃ16年製のガンプラでならそうそうないでしょ。

カラーリングに関しても不満はありませんでした。説明書に記載されていた完成見本と大きく違うところも見受けられませんでした。強いて言うのであれば、関節のむらさき色が、説明書ではグレーっぽい色になっていました。そこまで気になるほどではありませんでしたのでスルー。

f:id:Zios:20170802093515j:image

 f:id:Zios:20170802093522j:image

デカールを貼り、最小限の墨入れだけで済ませた状態がこの2枚です。

もともと「THE ORIGIN」シリーズのHGはモールドやデカールのおかげで密度が非常に濃いです。安く済ませたいならRGよりもオススメしたいほどですね。

今回のガンキャノンも同様に満足度の高いキットでした。

私は宇宙世紀の系統の機体が非常に好きなので、これからもこのシリーズにはどんどん良いキットを輩出して欲しいと思います。

 

なお、今回使用しました塗料は以下の通りです。

タミヤ  リアルタッチマーカー(B,D,F)

GSIクレオス  プレミアムトップコート

GSIクレオス  墨入れペン(極細 黒とグレー)

 

のみです。つまり、誰でも出来ますσ(^_^;)

はんだごてはやはりいいですね。細かな弾痕をつけたりするには最適です。また、先日はリベット打ちをされていた方もいました。今度真似してみようかな…

f:id:Zios:20170802094828j:image

 f:id:Zios:20170802094834j:image

 f:id:Zios:20170802095000j:image

 f:id:Zios:20170802095014j:image

 最後に数枚。

 

それでは、今回のレビューはここまで。

勝手がわからず長くなってしまいましたが…

暇があればようつべにもあげたいのですが…

それはできるかわかりませんねー。

 

では、本日はここまで。

Ziosでした。

のりもの

こんにちは。Ziosです。

夏、本番ですね。先日はうなぎを食べるという「土用の丑の日」でした。皆さんもうなぎを食べたでしょうか?私は食べました。美味しかったです。

 

さて、先日。

愛車(ママチャリ)の後輪がパンクしてしまいましたσ(^_^;)

毎朝通学に使っていて、その前日はなんともなかったのですが、発覚した日の朝、いつものようにロックを解除すると「ん?」と違和感。

確認すると空気が抜けてました…

慌ててバスに変更し、学校には間に合いましたが、バスは非常に面倒くさい…

 

話は変わりますが、勉強の合間、息抜きに「自分が将来乗りたい車とバイク」を考えてます。

もちろん「もしも」を前提としてますので、値段は考えていませんが、マツダアクセラに乗りたいなぁと思う今日この頃です。

ちなみにバイクはカワサキに乗りたいです。

 

そして、近日公開?の情報を。

f:id:Zios:20170726164953j:image

先日製作会で作った「ガンキャノン最初期型」、現在汚し作業中です。

終わり次第レビュー的な何かをしようと思います。

 

それでは。

Ziosでした。