読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Z's Days

毎週末更新中!日々起こった出来事を日記として付けています。ガンプラ記事多めです(笑)

Ziosがつくった歌「灯台の炎」。

皆さんこんにちは。Ziosです。

定期考査ァァァァァァァァァ‼‼(;・∀・)

化学が撃滅でした(汗

 

はい。そろそろ本題へ。

このたび、わたくしのYouTubeチャンネル「Z-SITE」で、1本の動画をアップロードしました。

 

www.youtube.com

 

はい。私、曲作りました。

タイトルは「灯台の炎」。

メロディー、歌、ボイパが下手だということは置いといて(;^ω^)

この記事では歌詞について語らせていただきます。

「灯台の炎」の歌詞全文は記事の最後に掲載しますので、しばしお待ちを。

さて、この歌詞ですが。

夜、勉強をし終わって、あとは寝るだけの時、何かが心の中に浮かんできたんですよね。

せっかくだし、忘れる前に「ほんとうのこと。」みたいな感じで書いておこうかな、ってiPhoneのメモ帳立ち上げて、カチカチ打ったんですね。

そうしたら、割といい感じに書けていて(自分で言うんだから大したことない)、その歌詞を見ながら鼻歌歌ってメロディーをのせてみましたら。

割といいかもね?って(;^ω^)

よく「嫌なことは紙か何かに書き出すといいよねー」って聞くんですが、まさにそんな感じでした。

生活に不満があるわけじゃ決してないんです。ゼロじゃないのは確かなんですけどね。

そんな時に、僕がたまたま言葉にしたのが、前回はTwitterだったわけで、今回はiPhoneのメモ帳でした。

前回「ほんとうのこと。」

 

zios.hateblo.jp

メロディーやボイパは正直おまけ程度に考えています。

本当に損する前に、この瞬間を大事にしていきたい。

自分を失って「あの頃こうしとけば良かったなー」って思いたくない。どうせ思うんだろうけど。

そんなことをメモ帳に書いて、ただ言葉だけじゃ面白くないからってメロディーをつけてみました。

そんな感じでこの歌を書きました。

あと、この歌にはもう一つ思いがあります。

私の知り合いに、不登校生徒がいるんです。

理由は朝起きれないとか、病気的ならしくて、学校でいじめられているわけじゃないみたいですけどね。

もちろんそういう方々に、「学校いけ!」とか強いるのは厳禁ですよね。

ただ、「『きっとできる。』そう願ったあなた」。

この歌詞は、そういう人の、親の思いが少しでも伝わればいいな、と(勝手に)思ったところです。

書き出していたらものすごく長くなりましたね。申し訳ございません。

メロディーももちろん聞いていただきたいのですが、歌詞をじっくりと読んでいただけたら、私としては一番うれしいです。

 

 「灯台の炎」

作詞・作曲:Zios

 

午後9時過ぎの階段 仕事終えた人々が行き交う

人の海かき分けて ビルの明かり探した夜

遠く離れてる 友の声を背に

走り続けてく 希望持ち照らした夜

 

誰かのせいにしてちゃ いつまでも変わらないから

結局やるのは俺だって 初めからわかってたのに

 

今この瞬間を踏みしめろ 二度と来ないこの瞬間を

今この瞬間を踏みしめろ 曲げれない「自分」のために

逃げない「自分」のために

 

午前2時前の寝室 夢から覚めてふと起きる

描いていたのは 懐かしき思い出

「生きていくために」と 故郷離れたあの日は

遠く離れても 決して消えぬ過去

 

誰かのせいにしてちゃ いつまでも変わらないから

最後にツケは来るはずと 初めからわかってたのに

 

今この瞬間を踏みしめろ かけがえのないこの瞬間を

今この瞬間を踏みしめろ 古き良き「自分」のために

懐かしき「自分」のために

 

「きっと届く。」そうつぶやいたあなた もう諦めていたこの俺に

「きっとできる。」そう願ったあなた その願いを今 この手へと

 

今この瞬間を踏みしめろ 俺たちのためのこの瞬間を

今この瞬間を踏みしめろ 足掻いていく「自分」のために

輝ける「自分」のために

 

誰もがみんな、輝ける。そう思っていたいです。

 

はい。本日はここまで。

来週の更新をお楽しみに。

それでは。Ziosでした。Bye!(-ω-)/

www.youtube.com

twitter.com

LINE@友だち登録は下のQRコード、登録ボタンから!

 

 

友だち追加数

f:id:Zios:20160109110228p:plain